ポイント生活 > 利用規約

ポイント生活 利用規約



ポイント生活 会員規約

本規約は株式会社アクセスライン(以下甲と称す)とポイント生活 登録者(以下乙と称す)が、
甲の運営するサービスを利用する際の規約とする。



1.ポイント生活への登録

@甲が提示する本規約とサイト内に案内する情報利用に関する案内を承諾の上、 指定の手続き完了をもって、乙は甲が承諾したポイント生活会員としての登録を完了する。

A乙は、日本国内に居住する満20歳以上の個人とする。

B甲は、乙に対して新サービスの告知、広告配信、サービス運営上の事務連絡、その他情報の提供を行います。ただし、乙が情報の提供を希望しない旨を、事前又は事後に甲所定の方法で通知した場合は、本サービスの提供に必要な場合を除いて、情報の提供を行わないものとします。



2.ポイント生活登録者が参加できるサービス

@甲が提供するポイントプログラム。

A甲が提供する広告募集リンクプログラム。

B甲がホームページで案内するプログラム。



3.ポイント生活の登録期間と費用

@ポイント生活の参加登録期間は本サービス継続期間中とする。

Aポイント生活参加で乙は登録料・利用料などの費用は一切発生しない。



4.ポイント生活の禁止行為など

@甲は乙にポイント生活参加者の下の行為を堅く禁止する。

A誹謗、中傷、猥褻など公序良俗又は法令に違反する行為。

B甲が承認した利用目的以外のサービス利用。

C第三者に迷惑・不利益を与える行為、甲のサービスに支障をきたす恐れのある行為

Dその他甲が不適当と判断した行為を禁止する。

E広告リンクをはじめ甲が提供したリンク先以外のURLなど
 ネット上のリンク先にリンクし不正にポイントを獲得するなど、不正行為。

F同一人物による複数会員登録の禁止。

G甲が提供する情報を作為的に加工または改変し利用する行為。



5.資格・権利の損失

甲は以下の場合、乙の登録を削除し、乙は一切の権利を遺失する。

@入会手続又は登録をした個人が実在しない場合。

Aに届け出た事項に虚偽、誤記、または記入漏れがあった場合。

B他人もしくは架空の個人情報を使って入会手続又は登録を行った場合。

Cポイント生活に対する妨害行為。

D甲がポイント生活の会員宛に配信するメールを乙が受け取ることができない場合(登録メールアドレスの変更届けなどがなく、甲からの案内が受け取れなくなった場合)。

E乙は、獲得した確定ポイントの最終確定日より、新規獲得ポイントが1年間無い場合

Fポイント生活が提供する広告へのリンク記録が2ヶ月間全く無い場合。

G乙が複数の会員登録をした場合 、該当口座情報ではじめに登録した会員登録を有効とし、2番目(時間軸)以降の登録を全て無効とする。 この場合、2番目以降の登録で獲得した全てのポイントも無効で、全ての権利を失効する。

H乙が複数の会員登録をし明らかな不正行為をした場合、 全ての登録で獲得したポイントは全て無効とし、全ての権利を失効する。

I同一パソコン又は同一回線を用いた複数会員IDの登録をした場合。

J乙が本規約の条項、ホームページで案内する各利用規定、 インターネットの利用モラル違反行為が発覚した場合。




6.退会手続き

@乙が退会する場合は退会フォームを利用し、乙の作業により退会手続きを実施する。

A乙の退会時、ポイント残高及び換金申請済み残ポイントがある場合でも乙が退会処理をした場合残ポイントは放棄したこととする。また退会にともなってに対して一切の請求権も取得しないものとします。

B会員が死亡したときは、その時点で退会したものとします。



7.ポイントとお小遣いのお支払

@別途ホームページで案内する方法とする。

Aが本規約で定める方法・条件及び別途定める本サービスのルールに従っていなかったとが判断する場合又は従っていない旨の通知が提携サイトや提携会社からにあった場合、に付与したポイントを取消または無効にすることができるものします。

Bの届け出た金融機関の口座にポイント換金の振込行った時点で、換金の受け渡しを行ったものとします。なお、の届け出た情報の不備により受け渡しが正常に完了しなかった場合も同様とします。

Cポイントの取得、換金授受及び賞品授受にともない発生する公租公課や手数料等の付帯費用は、が負担するものとします。



8.ネットワークシステムの保守
@甲は、乙が各サービスを常に良好な稼働状態利用するためにネットワークの保守作業を実施することを乙は承諾する。

A甲は、ネットワークシステムの稼働状態を良好に保つために、随時、その運用を一時停止の上保守点検を行う。
 この場合、原則として事前に乙にその旨を通知するが、緊急の時、通知することなく一時停止の上保守点検を実施する。

B甲は、各サービスの運営上そのシステムの変更が必要であると判断した場合、 事前に乙に通知することなく必要な変更を行う。

C上記及び不測の事故等やむを得ない理由により、 サービス提供の遅延又は中断等が発生しても、甲は責任を負わないものとする。

D甲は、乙に事前の通知をすることなく各サービス内容の追加や部分的改廃をすることがある。

それぞれの作業の為に配信の遅延、動作を一時的停止する事がある。



9.甲の免責事項

@甲は、乙が当サービスを利用することにより発生した一切の損害について、
 甲はいかなる責任も負わないものとする。

A甲の有する技術の範囲での運用、システム、データの管理を実施し、
 想定しがたい事由により発生した一切の損害についてもいかなる責任も負わないものとする。

B前項の場合、システム障害により過度にポイントを記録してしまうなど障害があった場合、
 付与したポイントを適正なポイントに更新することとする。

Cポイント生活の運営期間・方法については全て甲の判断で決定し、
 サービスの継続や改廃についても全て甲の判断で実施するものとする。

D乙が当サービスを通じて利用者がアクセスできる第三者サイトは、各サイト先にてプライバシー規定、利用規約を持っております。乙が各サイト先にてサービスを利用することにより発生した一切の損害について、甲はいかなる責任も負わないものとする。

E廃止による乙の遺失利益について、甲はいかなる責任も負わないものとする。



10.本規約の運用

@甲は、乙に事前の通知をすることなく、本規約および各利用規定を改正することがある。

A改正後の本規約および各利用規定に付いては、甲乙の一切の関係に適用することとする。

B甲からネットワークを通じて乙に告知される諸規約・情報もこの規約の一部となる。



11.その他
@乙は、氏名、メールアドレス他の登録事項に変更があった場合、速やかに甲まで連絡することとする

A第1項の届け出をが怠った又は登録情報の不備により、からの連絡や賞品などの送付物の到着が遅れ、または到達しなかった場合では、宛に通常到達したと思われる時に到達しているものとみなし、これによりの不利益が生じてもは責任を負わないものとします。



12.本規約の発効
本規約は、乙が登録手続きを開始した時点よりその効力を生じる。
乙の実施する事柄が各項に該当するか否か自己判断が困難な場合、必ず甲の審査を受けることとする。



13 裁判の管轄  
本規約に関して紛争が起こった場合、当社の本社所在地を管轄する裁判所を以って所轄裁判所とします。

付則
規約のほかホームページで案内する核情報も規約の一部とし、
案内に沿った利用を行っていただけない会員は、会員資格を喪失します。


2008年10月1日


ポイント生活
株式会社アクセスライン